人気のふるさと納税で家電製品も選択できます

財布を持つ女性

返礼品の本当の意味

家電のイラスト

返礼品の経済効果

ふるさと納税とは、地方公共団体への寄附金のことです。本来、課税標準額に応じて所得税と住民税が課税され、所得税は所管の税務署に、住民税は、居住する市町村及び都道府県に徴収されていくものです。しかし、当該地方公共団体へ寄付することにより、課税標準額から算出される税額から当該寄附金の一定額が控除されることとなり、結果として、所得税及び住民税が安くなるという仕組みです。この制度は、実質的には住民税の納付先の地方公共団体を選択できるという性質のものです。このふるさと納税を多く集めるために、各地方公共団体は、寄付金額に応じて返礼品を準備しています。ものによっては還元率が5割程度いっているものもあります。この返礼品の内容として地域特産の農産物等が多いですが、その中に家電が存在しているのです。ふるさと納税関係のサイトを見ると、納税金額に応じて、テレビやカメラ、電気炊飯器等様々な家電が返礼品として存在します。ふるさと納税の経済的なメリットに着目すれば還元率が高い地方公共団体からの家電を返礼品として受け取るという選択がよいでしょう。また、別の観点から考えると、返礼品として家電を地方公共団体が準備するということは、当たり前のことですが地方公共団体が家電品を調達しているということです。地方公共団体が家電を調達する場合、当該地方高級団体の入札参加資格等を有する地元の業者から調達するということになります。その結果、大手量販店に押され電化製品が売れない地元の電気屋さんが当該地方公共団体との取引で商売を継続していける状況を作り出す効果があります。この点も考えて納付されるとよいでしょう。