人気のふるさと納税で家電製品も選択できます

自然

自分に合ったものを選ぶ

多くの人がふるさと納税を行うようになってきて、体験談などのおすすめ情報も増加してきています。人によって記載するポイントや納税額が異なるため、自分にあった情報を探すことが重要です。一方で、納税の制度に関する情報が、年度により異なるため、書かれた時期や自治体との整合性を確認が必要となります。

家電のイラスト

返礼品の本当の意味

ふるさと納税とは、地方公共団体に対する寄付金です。実質的には住民税の納税先を選択できる制度です。この寄附金に対する返礼品として家電が提供されることがあります。還元率に留意して自分の経済的利益を図るとともに、地元の電気屋さんが商売を継続できる状況を作り出す効果があるということを考えて納付しましょう。

パソコンと家族

手続きは簡単です

ふるさと納税は通販サイトで買い物をする感覚で寄付をすることができるという点が特徴的です。また、寄付先が5団体までなら確定申告をする必要がなく、ワンストップ特例申請書を提出するだけで全ての手続きが完了します。

迷って決められない方へ

白い電化製品

数量限定に注意

ふるさと納税でもらえる家電製品は、テレビやパソコン、炊飯器やデジタルカメラなど幅広い分野に及びます。寄付の返礼として、家電製品を選ぶときには、数量限定となっている場合があるので注意しましょう。限定5台、あるいは限定10台のみとなっていることがあるためです。多くの自治体では、その自治体に工場のある製品メーカーから、格安で家電製品を購入し、それを返礼品として活用しています。製造メーカーから無制限に購入できることは稀で、多くの製品には数に限りがあります。そのため、お目当ての商品が見つかったら、できるだけ早く申込みをすませることが重要になります。どれにしようか迷っているうちに、応募が規定数に達してしまう可能性があるためです。家電以外にも魅力的な返礼品がたくさんあるので、ついつい迷ってしまいがちですが、早めに決断するようにしましょう。また、ふるさと納税の返礼品となっている家電製品のなかには、ふつうでは手に入らない限定品が含まれています。これらの限定品は家電量販店などでは売っていないため、プレミアム的な価値があります。ふるさと納税をした人だけしか持っていないというプレミアム感を味わうには、ふるさと納税限定の家電を選ぶのもよいでしょう。さて、ふるさと納税のメリットのひとつは、寄付による節税効果です。家電製品を返礼品としてもらうときは、節税額についても考慮する必要があります。年収や世帯の人数などによって、税金の控除額に上限が設けられているためです。